(※当ブログのコメントは管理人承認後に反映されるのでしばらくかかります。ご了承下さい)
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年11月22日 (土) | Edit |
__時間は残り少ない 急ぐのだ…
と天の光が囁きます。
どうやら邪魔者がやって来ているらしい。
目的達成は目前だ、頑張れワンダ!!!

 「ワンダと巨像」

今までの巨像の中で一番よかったかもしれない。
攻略的にも、巨像の存在としても、結構余裕な感じで出来ました。
門番きどりな15体目! <ゲーム内で言われてたんだよ;;;

確かに門番きどりだった(笑)
14体目の牛ちゃんの連続コンボの様にハメがあるわけでもなく、
デカイ体通りに動きは遅いし剣での攻撃も大振りで避け易い。
これじゃ門守れんわよ、キミ・・・
ただ攻略方法は難しくて見つけた時は感動した゚.+:。
攻撃の反動で両端の床が持ち上がるとか気づかないって!
そして最後の弱点が【手のひら】ってのが…なんか切なかった

「手」って顔と同じくらい表情ある部分だと思うんだよね。
ゲームだけど、巨像と言えども生きて動いてるの見てるから
手に飛び移って攻撃して、倒れる姿に儚さと切なさの入り混じった
何とも言えない気持ちになったです。
ワンダはこの瞬間何を考えて感じてるんだろうかとフト思った。

イベントムービーと掛け声以外しゃべんないから、このゲーム

色々主人公が喋り演じるゲームも魅力的だけれども
こういう風に多くを語らず色々想像で補っていく様なゲームも
やっぱり良いなとプレイしながら思います。
「プレイヤー=主人公」と感情移入しやすいなーと。
「ワンダ」や「ICO」などやって思うのですが、
この開発チームの作るゲームが持つストイックな感じ好きですわ。


いよいよ大詰め、どんな結末を向かえるのか・・・

                               残る巨像 あと1体――
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。