(※当ブログのコメントは管理人承認後に反映されるのでしばらくかかります。ご了承下さい)
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年08月06日 (木) | Edit |
公式HPであらすじ読んでイサラと小隊長殿の状況に耐えられず、
18話観るの怖かったから引き伸ばしてたけど、観念して観ました。
始まるや否や一瞬にしてイサラ生存への希望を打ち砕かれたゼ…
相変わらず小隊長と視聴者へ容赦ないドS攻撃です。
容赦なさすぎて逆にすがすがしくさえ思えて来た( ´ー`)フッ


第十八章「八月の雨」
ヴァルキュリア#18
次回何か出てくる人が・・・つづく?


イサラを失ったダメージが大きすぎたのか!?
小隊長殿が心閉ざしてしまったーーーーーー!!!
il||li_| ̄|〇il||li
罪も仕事も何もかも自分1人抱えて背負っていく姿が痛々しかった。+゚(゚´Д`゚)゚+。
「英雄気取りか」とか一方的にウェルキンが悪者な感じに描かれてたのが
また…脚本家ウェルキンには容赦ない(涙)
どれだけ彼のHPを削れば気が済むのでしょうか…


そしてファルディオが主人公張りにカッコイイ所どり
…もうファルディオが主人公でいいよ、マジで。


自分がウェルキン贔屓だから感じるのかもしれませんが(苦笑)
ウェルキンの状況も考えると冷たい態度を取らざる得なかったとも思うんですよね。
たった一人の家族も失ってしまいましたし、それでなくても人生に置いて
【英雄ギュンター将軍の息子】というのが常に付いてくるのですから。
この辺は第19話で触れるのかな~ウェルキンの過去話。





そんな中1人爆弾落としていきやがったアリシア!
感情爆発して「ウェルキンが好きだから!」言っちゃったし!ちょ、おまっ…
今この落ち込んでる彼に言っちゃダメだよ…そりゃ反応も無いってもんです;;;
多分ウェルキン嬉しいはずなんだよね。しかし状況が悪すぎ
何かアリシアやっぱり微妙だなぁ~と思ってしまうです、ハイ。
コメント
この記事へのコメント
笑いに変えないで下さいw
18話を観てなんか言葉に出来ないしょんぼり感を背負ったままブログを見させて頂いて・・・

ああ、イサラ報われないほどに笑いましたw

「やっ」とか描くなー!!!ww

いましたねー、ロロノア・ゾロ。とってつけたように次回予告にひょうひょうとコメント出してましたし。もう緊張感もへったくれもないや。あんな鋭い終わり方してたのにっ!!

おそらく操縦士は彼で決まりでしょう。もうなんかファルディオも死亡・・・というか犠牲フラグが立ちまくってますね。帝国の強豪を3人も残して犠牲なくいけるのでしょうか、第7小隊+第1小隊の2人!!

(はじめて発覚した第1小隊の実は存在した犠牲者3人、全く浮かばれねーや)

しかしファルディオ主人公はないなぁ。だってあまりにハマリ過ぎてますもん。位置づけも“ギュンター将軍の息子の同期”ですもんね。

某RPGの“天空の血を引く勇者の父親”・・・この父親ってところ重要。かなり浮かばれない人生です。およよ。

・・・おかま、実は部隊最強だってところを拝みたい。
2009/08/07(Fri) 15:34 | URL  | もっち #-[ 編集]
レス≫もっちさん
やっ☆(´・ω・`)ノ

イサラを失ったダメージが大きかったのはウェルキンだけじゃなかったようです…
悲しみが歪んで飛び越えて笑いに変わってしまいましたw
先に一回謝っておきますよ~ごめんなさい。
続きである次回のネタもっとヒドイですよ(笑)
私は好きなキャラ程ボケ担当になる傾向がある様です。

こんな事描いてますが#18でロージーが歌う所はウルウルで切なかったです。ラマールも切ないな…

≫第7小隊+第1小隊の2人!!
第1小隊少なっ!
他にも沢山居るはずなのに2人しか機動してませんしね…
犠牲者3人は「いつの間に!?」とツッコミ入れました。ホンマに浮かばれないです(涙


≫しかしファルディオ主人公はないなぁ。
ないですか!そうか…残念(≧ε≦)チェ~
最近ベタな感じの主人公不足だったもので有りかな~と!アリシアとの関係も好きになる要素満載で自然かなとも思ったり。
何より性格かっこよすぎじゃないですか!

あ、でも私はウェルキン派なんですけどね…


≫・・・おかま、実は部隊最強だってところを拝みたい。
【男】にいや【漢】になりますかねw
2009/08/07(Fri) 22:11 | URL  | レス≫もっちさん #-[ 編集]
主人公っぽい人ほど脇役が適役な件につきまして。
やっ☆(´・ω・`)ノ ってw

>ファルディオが主人公の件につきまして。

いえいえ、主人公にすると“ハマり過ぎるんですよ。”

リーダー過ぎる人は大抵軍師です。そりゃ諸葛最強ですよ。自分は周喩派ですが(小橋のような妻が欲しいです)。

某ロボット系アニメの“ロックオンほにゃららさん”や“ヨーコさんべた惚れのカミナさん”も、そりゃもう主人公のようなカッコ良さでしたが、見事な散り方をされましたよ。

「主人公級の脇役ほどお涙頂戴で名シーンへと昇華される。」

なんかそんな感じがしますです。

はじめはウェルキンの“おとぼけながらも頼れる指揮官”っぷりが好きだったのですが、最近はシリアスさが増してしまって少し影が出てきました。アリシアも言っちゃったし、ちょっとメインキャラの動向が大き過ぎて整理が難しくなってきましたね。とりあえず自分もロージーの歌にかなりやられた人です。

その感傷すら一撃で吹き飛ばす“やっ☆(´・ω・`)ノ”でした。

次回のレビューも楽しみにしていますっ!
2009/08/08(Sat) 01:01 | URL  | もっち #-[ 編集]
レス≫もっちさん
なるほど…。
実は戦ヴァルには王道的なアニメを期待していた自分なだけに、少しファルディオのカッコよさがウェルキンにもあればな~と羨ましかったりしました;;;

キーパーソンなのは確かだと思いますし、ここは見事な散り方して、<!?
このまま心に残る名脇役へと頑張ってもらいましょうかね♪ >ファルディオ(*´д`)


メインよりもロージーやイサラの脇の方が心情とか上手く描けてるな~とココまでの作品の印象です。
残り話数でどんな怒涛の展開が待ってるかドキドキです。
2009/08/08(Sat) 21:31 | URL  | レス≫もっちさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。