(※当ブログのコメントは管理人承認後に反映されるのでしばらくかかります。ご了承下さい)
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年08月09日 (日) | Edit |
今まで全然観ておりません、この作品。

じゃぁ何故観たの?という事なのですが…

――最近【作画@wiki】という作画陣のみの情報サイトにハマっております。
好きな作画監督さんの仕事ぶりを見てはニヤニヤして過ごしております。
中々マニア視点で幅広く書かれているので沢山の発見があって楽しいです♪
「あの場面はやっぱりアノ方なんだ~」とか判ると凄く幸せ( *´艸`)  <作監マニア

そこでCANAAN第5話が現ボンズで作品制作中&ボンズ所属しておられる
絵コンテ : 岡村天斎
演  出 : 安斎剛文

という情報を目にして「これは観なければぁぁぁぁ!!!」という理由で観ました。
ダーカーの監督様とボンズですよ!?私には観る要素しか見当たらない件(よだれ)


 第5話「灯だち」


キャラや話は流石に解らなかったのですが面白かった!
バイオレンス・アクションですかね?
上海マフィアっぽい組織が主人公:カナンを狙ってる感じでした。
組織から捨て駒の様に扱われていた刺客ユンユンの回でしたが、
ユンユンがこれまたいい娘で全然殺し屋っぽくないのがいいですね!

最後はカナン達の仲間になった(というかソレしか道が無かった)けど、
組織のボスがユンユンは“薬”が無いと生きていけないらしい…
あんなに元気なのに…いずれ組織へ戻らざるを得ないのだろうか。
お尻の痣で盲腸が増えたとかという設定とか笑いました。
「痣を持つ者」が話になんか関わってるっぽい…?

OPからクオリティ高いし、実はダーカーみたいに作品全体の
ミステリアスな感じが非常に好みで最初から観れば良かったと…
今観てるアニメ中で1、2争うくらい面白かったです。(鋼かこれか)
全13話でほぼ半分終わってるのですが次回も観ます!

あぁHP覗いたら03話も天斎様だったのね…クッ oyz
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。