(※当ブログのコメントは管理人承認後に反映されるのでしばらくかかります。ご了承下さい)
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年05月05日 (水) | Edit |
ラブルートkiss-2
可哀想なくらい主要人物スルーの図↑

一番下の早川も探索時2人選択しないといけない為に
妥協して入れた結果、好感度が高いとか高くないとか…


そして輝政こと「西岡先生」のトゥルーENDでクリアしました!
25日くらいまで探索パートが続いたのですが
その後いつの間にか攻略ルートに・・・
とりあえず、この状況から西岡先生以外ないと思ってたけれど、
それでも途中まで「せ…先生ルートだよね?」ってくらい
ふつーにゼロ対策を語っていたし、先生×2していた為に
最初は正規ルートのイベントだと思ってました。


そして再び選択肢のない展開が

悩む事なくスチル回収出来るのでゲーム初心者には良いかと。
しかし…主人公と輝政の距離が近づくにつれて
恋人である光一が段々可哀想になってくる罠が・・・
皆の前で主人公に拒否られるところとか…特に(涙)


2周目は光一を落とそうと強く思いました。
不憫すぎるゼ…光一
〓余談ですが〓

コメントで、やっぱり縦長いかもという話になったので
ハイビジョンテレビに繋げてやってみました。

じゃん☆
ラブルートkiss-3
じゃじゃん☆
ラブルートkiss-4
今回も写メなので分かり難いかもしれませんが全体的に横長な感じ?
縦よりは気にならないかもしれないです。
それよりも画面が大きくなった時に全体的に(ウィンドウ含め)
輪郭がぼやけて見える方が気になったかな…

しかし、どんな比率なら正しい姿で映るのだろうか…謎

探索や戦闘を入れたりと乙女ゲーには無い要素とか
発想が面白いだけに、色々勿体無いなと思いました。
構成や演出って大事なんだな…本当もったいない!
次回作あればもっといいゲームになる可能性があると思います。
楽しみにしてますよ~ <あればネ
そんな訳で今夜再び光一攻略へ・・・
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。