(※当ブログのコメントは管理人承認後に反映されるのでしばらくかかります。ご了承下さい)
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年04月04日 (月) | Edit |
__ 何 が 綺 羅 星 だ よ 、
            バ カ バ カ し い ! !
お ま え が い う な よ 、 お 前 が !(笑)
 
↑一番ノリノリで「綺羅星☆!!」してる様に見えたヘッドが
そんな台詞言った後に、リョースケさんが出てきて、
『あぁ…この人そんなバカバカしいのに付き合ってこの衣装を…(涙)』
などと本編と関係ない事を一瞬考え、切なくなりやした。
リョースケさん、あんたエェ男やで...


最終話 「僕たちのアプリボワゼ」


もう素晴しい最終回でした!!!
どこかで【タクト=王子 スガタ=姫 ワコ=勇者】
という例えをみたのですが、最終話でものすごく納得しました。
あとこれはタクトが主人公なんだけど、スガタの物語なんだなとも…。

最近のアニメやドラマには、視聴者に問題を投げかけたり、
悲しい中にも救いがあったり、救いが無かったりと
色んな最終回の形をとるものがありますが、スタードライバーはとても未来や希望のある終わり方をしてくれたと思います。
なので、これから先この人達はどんな風に過ごすんだろう…と想像させる楽しみが出来たし、視聴した後とても前向きで明るい気持ちになれて本当に良かったです!
あと物語通して死亡者ゼロというのも幸せでした。


スタッフ始め役者の皆様の凄さと、
愛と魂とリビドーと喜びをヒシヒシと感じる素晴しい作品でした。
綺 羅 星 ☆ !!

BD揃うの楽しみだ~



以下色々感じたところを感想。
自分なりの解釈や意見、ネタバレもあるかもしれないので
それでもオーケーの方はおすすみ下さいませ~

o<>∀・)\綺羅星☆!!/

はい、という訳で最終回を堪能しまくっております。
唯一最後まで、しかも楽しく観ていたアニメだっただけに
終わってしまって非常に寂しい思いをしてるんだな…
野球でも始まってくれないと楽しみのTVないよコレ(笑)
続編やその後を見たい気持ちもあるけど、アレだけ清々しく終わったので
もうこれでいいんじゃないかと思えます。

腹八分目ぐらいがいいんですよ、きっと!


■僕たちのアプリボワゼーーーー!!!!
ここね、最初に胸熱になった場面なんですよね。
元々綺羅星十字団は敵役なのに、完全悪な感じがしなかったのですよね。
むしろカナコに関しては正義側の考えであって、ホント憎めない感じでした。
何故そっちにいるんだよと…!
それが最後に失われた印が戻り(サイバディとの絆が戻った?)
自分達の不始末は自分達で拭うという台詞やタクトを援ける姿が嬉しくてね。
敵が仲間じゃないけど協力して大きな敵に立ち向かうって熱くなるなと思ったのです。


■スガタ、お前どんだけ泣かすねん…
スガタはね…イマイチ何考えてるかわかんなかったんですよねぇ~
最終回見るまで。
いや何となく「ワコの幸せの為に、この人、生きてるんだろうなぁ~」と思ってたけど
途中から「????」と何考えてるか掴めなくて <表情変えないしw
綺羅星に入った目的とか本当分からなかったんですよね。
それが最後、ザメクを封印する場面で…涙 線 決 壊
彼のやりたい事をやるべき事は最初から変わってなかったんだ!
と分かった途端に大決壊ですよ。
スガタぁぁぁぁぁ~お前1人で今まで抱え込んでよおぉぉぉ。+゚(゚つД`゚)゚+。
島の人間はホント不器用なんだから…な!
封印しようとした瞬間に大失恋したケイトは可哀想なんですが。
(想いって与えた分だけ返ってくるもんじゃないんだね)

今まで苦しんだ分、呪縛から解放されたスガタにはこれから思う存分
タクトとワコを巡って戦ってもらいたいなと!
ワコがどちらも選ばず別の人に恋するとかありそうだけど(笑) <なんとなく

恋愛的な部分も含めて一番共感できたキャラはスガタ…か?ん?


■最後に――
少数派かもしれないけど、タクトの叫び結構好きでした。
つーか役者さんの演技力がハンパなかったです。
ヘッドの考えが理解できなかった時や、どうしようもない時って
言葉にならない言葉で「あ゛ぁぁぁぁぁぁっ!!!」とかなんだけど、
もう必死に声だして、色んな思いがちゃんと伝わってくる叫びで、
今まで無敵のタクトが遠い存在…現実味のない感じがしてましたが
グッと身近に感じられた瞬間 <おかしいかもしれんけど。

あと結末として何故希望を感じるのか少し考えたのですが、
誰かを犠牲にして自分が幸せをつかんだという話が思い返した記憶の中ではなく、皆がそれぞれ自分で道を決めて進んだからじゃないかなと思います。
最後の「ワコがどちらを選ぶか」というのも、スガタがザメクと共に封印したままでタクトとくっついたとかだったら正直イヤだったし、こんなに良い最後だったと思えるものにはなってなかったと。
だからワコもどっちを選んだかわかんなかったし、結局どうなった?な話になったけれど、タクトがスガタを救いに行って最後の笑顔を見れた事で誰も犠牲にならなかった事が嬉しくて良い最後だった!と思えたんだと思います。

とりあえず書いた、書きなぐってチョットすっきりした!
文章的におかしい部分もあるかもしれないけれどとりあえずこれくらいに。
五十嵐監督始め、榎戸さん、伊藤さん…スタッフの皆様良い作品ありがとうぅぅ~♪
ボンズーーーーぅ大好きだーーーーーー!!!!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。