(※当ブログのコメントは管理人承認後に反映されるのでしばらくかかります。ご了承下さい)
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年02月06日 (土) | Edit |
※声優さん大好き~とかこのCD大好き~な方は
回れ右で読まない事をおススメいたします。





以下感想( ゚∀゚)o彡゜
※代表キャラで名前書いてます


久々に声優さんのドラマ(?)CDを聴かさ(ry…ゲフンゲフン
聴いたので感想を書いてみよーう♪

Kちゃんと私
このやるせなさとビミョーな気持ちを分けたかったらしい


――で、聴いてみた。
このCDの方向性がわからない・・・
というか設定がわからない、苦笑しか出ない(苦笑)
あのKちゃんが微妙というだけあったゼ…

最後のフリートークでタマが「コントなんだなと」と言ってたけど
ゴメン…これコントにもなってないわ~(笑)
シュールにも程があるわ~マヌーサがかかったき・ぶ・ん。

そして同じフリートークでのタマの話に
「…頑張れ(涙)」の感想しか生まれなかったッス。
何この悩み相談的な話!切実すぎて泣きそうになったわ


肝心の中身は最初と最後2つだけ全部聴いて、
後は殆ど半分聴いては耐えきれず飛ばしちゃいました。
(犬になったりネコになったりカエルになったり)
近藤さんのへたれ具合の声が大好きなのですが時々叫ぶ度にいつ
「お妙さん!!!」と言うのか密かに期待しましたw
なかったけど <当然だ


甘々にささやくCDではない事は確かだったですハハハ
ったく何でも声優使ってCDにすりゃいいってもんじゃないよ~
1,800円でもちょっと高いくらいかと…1,200円が妥当?
某RPG風に言ってみると色んな意味で
【痛みを皆で分かち合うCD】
もうそれしか思い浮かばない…
2010年01月25日 (月) | Edit |
以前STERNEさんの記事を読んで気になってた作品です。
ちなみに原作は全く知りません。
ただ、こちらでは放送が無くBSでも観れなかったので半ば諦めてたのですが…
Gyao!で1話と最新話が配信している事を昨日知り早速見てみました~♪
1話からいきなり15話に飛ぶんですけどね
もうちょっと早く知ってれば全話無料期間だったのに…悔しい



  


1話の最後の方のゴーシュの行動に泣きました
優しいじゃないかーーーそしてかっこえぇ゚.+:。
害虫退治(?)で心使い過ぎて寝ているところで1話終了

            ↓ ↓ ↓ ↓

15話のOPで写真でしか出なかったゴーシュを見て思わず
し…死んだのか!? ∑(゚Д゚=)
と激しく動揺して友達に聞いたというw
どうやら生きてるらしい…でも行方不明らしい。


すごい間の話が気になる気になりすぎます。
映像も綺麗だったし面白かったしでDVDが欲しいくらいです。
バンダイ発売か!ガン☆ムとか友達がギアスの分をくれたりして貯まった
しかしその後全く使い道のないバンダイポイントで買えるかな…
2010年01月10日 (日) | Edit |
――ところで…、
   “ドタチン”って  ___誰?

誰?というか主人公の帝人と幼馴染の紀田くん <寒いしか言われてないw
しか一致しなかったくらい人物多い。
最後までには一致するかしら~私(苦笑)



 第1話 「開口一番」


首なしライダーのヘルメットがネコ耳でした! 
最初のツッコミどころはソコかと!
え?ツッコんだら負けですか?でも敢てツッコミます(笑)
首は確かにないけれども身体は動いておりましたよ。
しかも首の部分から黒い影か霧っぽいのがモヤモヤ出てましたけど!?
そんでもってその霧が大きな鎌に変形して必殺技?かました時に

 __お前の魂頂くよ!


と思わず叫んでしまいました…え、違う?
ソウルイーター好きすぎですね、私。



放送後、何だか周りの反応が微妙で観るのドキドキしたのよね。
各言う自分も【学生+都市伝説+ギャング+人気声優陣いっぱい
だったので放送前は余り気乗りしてなかったりして観るの迷ってました。
特に下線項目で人気とりかと思い結構萎えてたのですが、
【バッカーノのスタッフ集結】の一言で1話だけでも…と視聴。
観てみたら何ってことない全然面白かった!
OPもEDもカッコイイじゃないか!
よかった声優陣に気持ちが負けなくて。+゚(゚ノД`゚)゚+。


キャラで一番気になってる危険人物(?)
平和島さんが出てくるのが今から待ち遠しいです♪
自販機と格闘する姿に心掴まれたーーーーー!! <基準がおかしい
池袋最強取立屋か~いいな~LOVEだな(・∀・)ニヤニヤ 
とりあえず1話じゃまだ謎がいっぱいなので次が楽しみです。
2010年01月09日 (土) | Edit |
青い文学シリーズも今回で最後。
独特の世界感をもつ小説を色んな演出や映像で観れて楽しかった。
話数が限られてる中でも充分話を知る事が出来ましたよ!
原作読んでこれから色々補足していくのも楽しいかもしれないな、うん。



 【こころ-冬-】
【こころ-夏-】の続き…というか同じ話を原作にはないものの
K視点から描いたという処が非常に面白かったです。
アニメ独自の話だから本当かどうかは分からなくても、
お嬢さんも交えて話の全貌が見えたので、夏で感じていた
もやもやが一気にスッキリしました。

タイトルは冬でも、結末は辛いものでも温かい気持ちになった。
逆に夏はどこか冷めてる感じと、これから訪れる秋から冬が
先生のKを裏切ったという気持ちと重なるところもあるなど、
タイトルもアニメ作品としてもまた完成されたものでメロスに続き
お気に入りなものとなりましたよ~。DVDは買いです♪ <あとメロスと。



 【桜の森の満開の下-前後編-】
唯一原作を読んだ話。
これに限らず坂口安吾さんの作品は自分には理解が難しくて…
正直よくわからなかったゼ(苦笑)
繁丸が満開の桜が怖い理由って人の本性が暴かれるからでいいのかな?
彰子の美しさと満開の桜の美しさ、どちらも似たような意味合いに感じたのと、
最後に彰子が繁丸になったのは繁丸の狂気な部分の表れ又は幻想だったのか…
う~んよく分からない。あと残された千代の意味もよくわからない。

演出は色々工夫されてて全体的にギャグ風味だったのも結構とまどいが。
そのままだともっとえげつないので映像にするには難しい作品だなとは思いました。
首遊びシーンや首を集めるところとか特にね。
安吾の世界は難しい…


 【人間失格4-新世界-】
最後まで見て感じた事は世間が…時代が…というよりも、
彼は周りの人間に恵まれなかったんじゃないかな?
3話で出会った前向きな女性:美子。
彼女の身に起きた事件を葉蔵は目撃してしまい、信じていた美子に
裏切られ、悪い方向に考えてしまった結果【新世界】へ(あの世と思われる)

現実は彼女は葉蔵を裏切ったり利用したりせず全くの被害者
だった訳ですが、葉蔵はそれすら判断出来ない状態でしたし。
直前に父親が亡くなったという事も影響してたのかな…
一番自分の考えに影響を与えていた人物でしたしね。
父親に認めてもらい超える事が出来れば彼もまた違った考えや
生き方が出来たのかもしれませんね。
2010年01月01日 (金) | Edit |
つくづく有名な本を読んでないなと思った第3回の放送。
もっと本読むべきだな…いろいろ反省


 【こころ-夏-】
これまだ続くんです…よね?
先生とKがお嬢さんを巡ってましたが後半はそのお嬢さんが出なかったので
実際お嬢さんの気持ちはどうだったんだろうと思いました。
最後は先生がKと正面から勝負(と言っていいのかしら?)せず
母親である未亡人と縁談を進め決め、Kの自害により終わりました。

やっぱりお嬢さんの気持ちは置いてけぼりだよな…

最初先生に好意ある雰囲気だったですし、気持ちは先生にで
解釈いいのかな…それとも今後敢て出さなかった処が関わってくるのかな?
自分の気持ちを本人や先生に正面からぶつけたKと
キレイごとを言い周りから助けられてお嬢さんと結婚した先生。
「Kに負けたのだ―」はきっと恋愛じゃなくて生き方ですね。
Kの死が今後どう影響してくるのか気になります。


 【走れメロス-前後編-】
これってこんな話だったんだ!?
有名なメロスとセリヌンティウスの部分だけの話かと思ってたよ…。
何これすごいよい話じゃないか!!
最後の病室で武田が城島にメロスの結末を話すシーンで号泣しました。
メロスは高田であり城島だったんですね・・・
―待つ方が辛いのか、待たされる方が辛いのか・・・
どちらも同じくらいつらかったんだなと思いました。

演出もこれまた好きだった魍魎チームでした!
舞台シーンと現実と虚構と表現していて引き込まれましたね。
この監督の演出は本当にいい具合に最後一つになるな~と。
いい話だっただけにこの後の人間失格とのギャップが凄い。
メンタル面がこんなに作品に影響するもんなんだな…

 【人間失格3-世間-】
女性だけでなく友達も皆いい人いないな~(苦笑
人間らしい生活ってなんでしょうね?
仕事してお金稼いで周囲からいいイメージでいる事が【人間】
でもそうやって生きてる葉蔵はちっとも人間らしく見えないんだが…

最後に現れたタバコ屋の女性。
彼女は世間も噂も何も気にしない、世間なんて気にしても仕方が無い。
今までの女性とは少し違った雰囲気な人ですね。
やっと前向きな人が登場しましたよ!癒される。+゚(゚ノД`゚)゚+。
この女性との出会いで葉蔵も浮上してくれればいいな…。


次回放送は1月5日か…待ち遠しいな
2009年12月31日 (木) | Edit |
連続放送第2回目。
関東の放送と順番が違うから当然なのかもしれんが
堺雅人さんが演じた「地獄変」の良秀がかなり迫真でした!
いや~こんな声も出るんですね…役者さんだけでなく声優でも魅力的な方だな~

相変わらず原作は知らないので演出にかなり左右されてんじゃないかと。
やっぱ原作読んで自分で解釈するのと監督&スタッフの解釈は
全く別物になるかもしれないな~と今回は考えたりした話。
アニメでこれだけ面白いし原作は読むべきかもしれないな~



 【地獄変】
――ごらん、これこそが…
  これこそが ありのままのこの世の姿だ

絵師:良秀が国王に命じられ描く、国王の治める【ありのままの世界】
国王の意図してるのとは違い良秀が描いたのは地獄絵図。
生きてはいるものの虐げられる姿は確かに地獄ですよね…
疫病も流行ってたし

この地獄絵図でにピカソの「ゲルニカ」が一番に思い浮かんだ訳です。
そして今更気づいたんですが【青い文学】の【青い】って
【青い時代】と一緒なんですよね?多分。遅い、遅すぎるゼ自分!!!
ある意味芸術家が通る極地みたいなものですよね【青い】って。
ソレが最終極地とは思いたくないですが確かに絶望や闇や儚さって
美しさも感じ誰もが経験するからこそ共感もされるのかな…あ、話逸れた;;;


前回の【蜘蛛の糸】に引き続き国王登場でしたが、すげぇ解り易い人ですね。
良秀の提案に共感した様に見えたのは実は単に自分に楯突いた良秀を
苦しめ懲らしめたいだけだったというのが解り易い。
結局自分も炎に巻き込まれて命を落とすんですが…哀れな末路。
悪い人がちゃんと報いを受け終わりを迎える処は2作品観たけどいいですね。

最後の娘が炎上する表現は原作未読でも「ちょっと違うかな…」と。
もっと壮絶なものを想像していた訳ですが…電波には乗せれないか(苦笑
娘と炎上する娘を見て筆をとる良秀が印象的でした。
たぶん自分でも悲しさよりも芸術家としての魂が勝つと想う。
そう共感する部分が沢山あったお話。
芥川龍之介の作品は多分自分に合ってると思ったです、読みやすそうだ。



 【人間失格2-お化け-】
今回は何だか抽象的だったな~
子供時代、人の顔色ばかり伺って道化を演じていた葉蔵を
「お前 お化けだぞ」
といい当てた竹一に尽きるんじゃないかと。
ズバリの一言ですよね~聞いたときソレダー!!!とTV指差した <指すな

自分だけど自分じゃない状態、
他人のイメージでしか存在してない状態、
存在しているけど実態がない
そんな感じの解釈ですかね?

終始【お化け】に振り回される葉蔵が自分が何かを
見つける時ってくるのかな…う~ん
優しいからとか繊細だからだけじゃなくて父親も
かなり不安定要素な気がする・・・難しいな。
2009年12月29日 (火) | Edit |
28日深夜から連続放送が始まりました!
有名タイトル&作家さんの小説……なのですが、
実は自分、タイトルは知ってるものの本そのものを読んでないもので
内容は漠然としか知らなかったりします <教科書で少し読んだくらい?
なので今回のアニメは新鮮な気持ちで観ましたよ~。
原作と比べれないのでかなりバカっぽい感想になっております。

これを機会に本を読んでみるのも良いかもしれないなー




 【蜘蛛の糸】
「地獄から救いの糸が降りてくる」というくらいの知識しか無かった話。
実際そういう話なのですが何故地獄に落ちたのかなどやっと分かりました!
冒頭の語りで言ってましたが実は子供向けのお話だったのですね、へー

殺し盗人など悪行の限りを尽くしている盗賊:犍陀多(かんだた)
ふと1匹の蜘蛛の命を取らず見逃した事が死後地獄に落ちた時
天から降りてきた蜘蛛の糸の救いを受ける。

実は助かるのかな~と思ったのですが……やはり悪い考えと行動は変わらず;;;
糸は切れてしまって地獄に逆戻りしてしまうのが怖かったです。
あのまま下から昇ってくる人を蹴落とさずに登り続けたら助かったのだろうか?
そういう恐怖の部分はありましたが映像的には世界観や演出が幻想的だったので
(特に地獄の場面とか)綺麗だな~と思った自分が居ます(苦笑)
結構ダイレクトに血とか出てたんですけどね…耐性ありすぎだゼ!自分。

あと、あんなに悪行の限りを尽くしていた犍陀多なのに地獄で
泣きそうになってるのを見て恐怖の感情あるんだな…とツッコミ入れました。
最後カンダタの亡骸の前に居た人は地獄変に関係するんですかね?
ってことは話しは続いてるって事ですかね。楽しみ~



 【人間失格1-鎌倉心中-】
実はこっちの方が怖かった…
地獄とか現実に無い幻想なものよりもずっとリアルで怖かった~(((゚Д゚)))
父親を始め葉蔵を取り巻く女性やら知人が作る【大庭葉蔵】のイメージ。
本人を見ず、自分達の考えやイメージを押付ける様な発言は
彼の中でかなりのトラウマやストレスになってるんだなと感じました。
最後の心中時に恒子の「背中押してくれる」とか「すぐに追いかけてきて」の発言は
観ながら怖い~怖い~と叫んだぞーーーー。
残されていく、しかも自分が殺めたという感覚は……この作品の女の人って怖すぎません?
少しは明るい兆しが見えてくるのだろうか…いやでも人間失格の題名・・・


しかしこの恐怖の中に美しさを感じてしまったのも事実
映像や演出の効果もあるのかもしれませんが、う~ん病んでる☆
子供向けのアニメじゃありませんが、こりゃ面白いです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。